ご結婚後、年輪を重ねるごとに迎える結婚記念日に、贈り物を交換したり、お二人でレストランでお食事したりと、結婚記念日ごとにご夫婦の絆を深めてみては?

結婚記念日の名称と意味

1年目 紙婚式 「白紙からスタート」
  カード・絵はがきなど、紙製品
2年目 綿婚式 「ぜいたくの戒め」※藁婚式ともいう
  Tシャツなど、木綿製品品
3年目 革婚式 「ねばり強く」
  財布・バッグなど、革製品
4年目 花婚式 「花も実もある夫婦」※書籍婚式ともいう
  花束や書籍
5年目 木婚式 「一本の木に一体化」
  鉢植えなど、木製品
6年目 鉄婚式 鍋など、鉄製品
7年目 銅婚式 「より強く、経済生活も安定期」
  銅・ブロンズ製品、手織物
8年目 青銅婚式 ※電気器具婚式ともいう
  青銅の花器などの他、電気製品でも
9年目 陶器婚式 「ヒビの入らなかった夫婦」※陶婚式ともいう
  カップや茶碗など、陶器製品
10年目 錫(すず)婚式 「内面の美しさとやわらかさ」
  錫・アルミニウム製品
11年目 鋼鉄婚式 「はがねよりも強くたくましく」
  文鋳など、スチール製品
12年目 絹婚式 スカーフなど、絹や麻製品
13年目 レース婚式 「美しく、きめ細やかな愛の証」
  テーブルクロスなど、レース製品
14年目 象牙昏式 「上品で穏やかな夫婦愛」
  象牙製品。最近は夫婦旅行なども
15年目 水晶婚式 「くもりのない透明な夫婦愛」
  水晶のアクセサリー、クリスタル製品
20年目 磁器婚式 「年経るごとに値打ちが出る」
  湯呑みや置物など、陶磁器製品
25年目 銀婚式 「いぶし銀のように内面も充実」
  スプーン・ネックレスなど、銀製品
30年目 真珠婚式 「みずみずしい若さを保つ」
  真珠のアクセサリーなど
35年目 珊瑚婚式 「夫婦の長い愛の証」※ヒスイ婚式ともいう
  珊瑚のアクセサリーなど
40年目 ルビー婚式 「夫婦の長い誠意」
  ルビーのアクセサリーなど
45年目 サファイア婚式 「徳を得た人生」
  サファイアのアクセサリーなど
50年目 金婚式 「人間的にも財産上でも最高を得た」
  金のスプーン・金杯など、金製品
55年目 エメラルド婚式 「尊く貴重な月日」
 エメラルドのアクセサリーなど
60年目 ダイヤモンド婚式 長寿と一族繁栄を得た最高の人生」
 ダイヤモンドのアクセサリーなど
※75年目にすることもある

「六輝(六曜)」

 「結婚式は大安に」、「友引の日の葬儀は縁起が悪い」…カレンダーにある「大安」や「仏滅」、これらは室町時代に中国から入ってきた言葉で、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6つがあり、「六輝」または「六曜」と呼ばれています。
 それぞれが天気に対する名称で、おみくじでいうところの「吉や凶」の時間を示しているのです。
 大安は「晴天」、先勝は「午前中が晴れで午後が雨」、先負は「午前中が雨で午後が晴れ」、赤口は「正午だけ晴れ」、仏滅は「台風」、友引は同じ天候が並ぶことで、晴天や雨天が2、3日続いたりする状態を表わします。
 6つの言葉が日本に持ち込まれた時、それを一年中の天気に割り振ってしまいました。科学が発達した現代でも一年後の天気を予測するのは不可能ですから、これほど無茶な話はありません。今日では大安や仏滅などの本意をすっかり忘れられ、いい日や悪い日を表わすものと思われるようになりました。ですから、仏滅に挙式したとしても縁起にはなんら影響はありません。