冠(元服)とは?

イメージ=祝

成人になった証の儀

冠婚葬祭」の3つの祭りうち「」とは 江戸時代までは元服という習慣があり、男子が成人となった証として成人の装束をし、冠をかぶる儀式。女子は(元服とはいわない)成人になった証として髪を結い上げるなどの儀式を行った。男子は、このときに幼名を廃して成人の新しい名前を名乗ることができるようになります。

また慶事とは、簡単に言えば私たちの周りで一般的にお祝い事といわれていることです。たとえば出産祝いや還暦のお祝い、結婚に伴うお祝いなど多種多様です。

一生涯を通じて私たちが出会う行事(お祝い事)は、一つひとつ意味があり、それを祝うことで心に残る思い出を作ります。