法事(法要)の意味と目的

 法事(法要)とは、死者に対する仏法行事という意味で、その目的や儀式の内容によって、いくつかに分かれます。追善・慶賀・祈願・報恩などがありますが、法事(法要)は、一般的に、私たちが法事という場合、故人の霊をなぐさめ、冥福を祈る追善供養のことが多いようです。
 追善とは、死者が浄土へ無事往生して幸福になれるよう、生存者が善いことを追い行うという意味。つまり、生きている私たちが供養することによって、死者が成仏できるように力を貸してあげるわけです。また、法事は、私たちが仏様の前で、祖先への感謝と信仰心、生きる覚悟を新たにしてゆく場でもあります。

法事(法要)の種類

 仏教では、死者は、生前の行為により、地獄に落ちるか極楽に行けるかが決まるとされています。死亡してから四十九日間は、どちらに行くかが決まらずにさまよっており、この期間を中陰あるいは中有といいます。
 多くの仏教宗派の教えでは、死んだ人は七日ごとに生前の功罪を裁かれるといい、その判決がよいものになるように、遺族や近親者は七日ごとに追善供養、中陰の七仏事と呼ばれる法事をいとなみます。法事(法要)も四十九日までと、それ以降とに大きく分けることができます。中陰期間は、二、三、四、六の忌日、初七日、二七日(14日日)、三七日(21日日)、四七日(28日目)五七日(35日目)、六七日(42日日)七七日(49日目)に法事を営みます。四十九日で中陰が終わり、その日を満中陰といい、忌明けとないります。
 満中陰以降は百か日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌となっています。
 このほかに、故人の命日やお彼岸、お盆などに法要を営み、故人や祖先たちの冥福を祈いります。

法供養と事供養を併せた法事(法要)は心の供養が要

 死者を弔うということは同時に供養するということです。供養にはふた通りあります。ひとつは法供養という心の供養です。この法供養は宗派によって違いますが、阿弥陀様がご本尊様となる浄土宗では、阿弥陀様のお名前を呼ぶ南無阿弥陀仏を唱えるというのが最高の法供養の仕方になります。この法供養には経文を開いてお経をあげたりすることや法を聞くということ、説教を聞くというのも法供養に含まれます。
 そしてもうひとつの供養の仕方が事供養です。これは形のある供養のことで、お花やお供え物を供えたり故人が好きだったものをあげたりするのもすべてこの事供養にあたります。この法供養と事供養のことを併せて略した言い方がいわゆる法事というものです。
 では、法事(法要)とはどのような供養のことなのでしょうか。法事(法要)というのはその文字にある通り、心の供養が要、心の供養が中心ですよという意味。まごころを込めた心の供養が中心にならなければ、法要としての本来の意味は達せられませんよということです。死者を弔う法要の場では、なによりもまずこの最も基本的な意味を十分に知った上で手を合わせることが大切です。

四十九日法要の大切さ

 死者が迷いの期間、中陰を終えるのは7回目の審判が行われる四十九日です。この最後の審判で、その死者の行き場所が、極楽になるのかそれとも地獄になるのかが最終的に判断されます。
 仏教では、私たちが生まれたときを生有といい、人生を歩むことを本有、人生を終えたときを死有、そして死有から四十九日までを中陰または中有といいます。そうして亡くなってから四十九日目(満中陰)のことをまた同じく生有といい、この2回目の生まれを指して往生といいます。この世に一度生まれさせていただいて、満中陰のときにまた再び生まれていくものとされているのです。ですから、四十九日というのは、あの世での行き場が決まるという意味と一同時に、また再び生まれ変わるという意味でも非常に重要な日なのです。
 亡くなられてから7日目ごとの審判の日はそれぞれがとても大切な日ですが、四十九日にはその最終判断が決まり、いよいよ故人が仏様の世界へお帰りになります。ですから特別にご親族の他にも縁の深い方にお集まりいただいて最後のお見送りをしましょうという意味あいからか、四十九日法要は比較的盛大に行われます。しかし、はじめにある通り、法要とは心が備わっていなければ本当の意味での法要にはなりません。故人が往生していく、仏様の世界へ帰って行くことに心を込めてお見送りをしてあげる、そういう気持ちをなによりも大切にしたいものです。

法事(法要)の準備と進め方

■法事(法要)の構成

 一般的に、法事(法要)は、次の3つで構成されます。まず、僧侶を呼び、仏壇の前でお経をあげてもらう追善供養。故人の眠るお墓へまいり、供養する墓参。そしてその後、僧侶や参会者を招いて、料理やお酒で接待するお斎(おとき)です。
 法要は、故人を偲び、菩提を弔うものであり、故人や祖先に対する、子孫のつとめでもあります。また、故人と親しかった方々や親類などと集い、心の交流を図ることもでき、生きている私たちにとってもよい機会となります。多くの人を招いての盛大な宴でも、家族だけのひそやかな集まりでも、それぞれの事情合わせて営めばよいでしょう。

■準備と段取り

 規模にもよりますが、法要の準備と段取りは、なるべく早めにします。会場の予約決定、僧侶との打合せ、招待客、案内状、お斎や引出物のことなど、細かな手配が必要です。3か月前には日程を決めて準備したいものです。

■会場の決定

 法要は、本来忌日に営むものですが、忌日と法要の日がずれる場合は、法要の日を繰り上げるのが原則です。最近では、参会者の都合を配慮して、土曜・日曜に行うことが多くなりました。時間は、お斎の会食の内容によって変わってきます。昼食として用意する場合は、午前11時ごろからで、軽い料理とお酒の時は、午後2時ごろからが多いようです。
 追善供養とお斎を、同じ会場で行う場合(自宅やお寺など)と、お斎のために別の会場(ホテル、レストラン、料亭など)を用意する場合があります。お寺で供養をし、寺院内の一室を借りてお斎を催す場合、料理や飲み物の準備をどうするかなど、事前の打ち合せが必要です。また、ホテルやレストラン、料亭など、お斎の会場を別にする山場合は、費用の面も十分検討する必要があります。

■招く範囲と案内状…

 故人との関係を中心に、招く人を決めます。一周忌までは、近親者、友人知人、勤務先の関係者など、故人がお世話になった方々に、広く出席を依頼します。三回忌以降の法要は、徐々に関係の深い人のみに絞っていき、親類縁者中心にします。案内状には、日時・会場、予定時間、食事のことなどを明記し、出席の有無を知らせる返信用ハガキを必ず同封します。案内状は、少なくとも1か月前には先方へ届くようにしましょう。

■引き物と供養の準備

 あまりかさばらないもの、重くないもの、また持ち運びやすいものなどを選びます。通常、菓子や海苔、お茶、ふろしきなどが、多いようです。早めに山場に届けておき、お斎の、お善の前に並べておくか、会食の終わりを見計らつて一人ひとりに手渡します。供物は、花、線香、灯明、水、故人の好んだ食物などを用意します。お寺で用意してくれるものと、施主側で用意するものを確認しておきます。

■法話の打合せ

 読経のあと、僧侶による法話があります。法話の内容について、希望があれば事前に依頼します。その際、故人の人柄や生前の様子などを僧侶に告げておきます。

初七日法要

 初七日の法要は、実際には葬儀の3・4日後になりますが、遠来の参会者に配慮して、葬儀の日の骨あげから帰った後に行うことが多いようです。この日は、祭壇に遺骨と遺影、花などを飾り、僧侶にお経をあげてもらいます。その後、参会してもらった親類や知人などを飲食でもてなし、故人の冥福を祈ります。近年では葬儀に続けて行うケースが増えています。

二七日・三七日・四七日・六七日法要

 遺族や近親者で供養することが多く、省略することもある。自宅で営むので、とくに喪服を着る必要はない。

五七日(三十五日)・七七日(四十九日)法要

 四十九日は、故人の霊が極楽浄土に行く日と考えられています。親類縁者、友人知人などを招き、僧侶を呼んで法要を営み、納骨式(埋葬)を行います。その後、忌明けの宴を催しますが、五七日(35日目)を忌明けとする地域や宗派もあります。忌明けがきたら、葬儀に来ていただいた方や香典・供物をいただいた方たちに、挨拶状と香典返しを送ります。また、白木の位牌から塗の位牌に変えて仏壇に安置し、水やご飯、故人が生前好きだった食べ物などを備えます。形見分けもこの日をめどに行います。

百カ日法要

 死亡してから百日目のことを百か日といいます。埋葬してから初めての法要で、親類録者などを招き、僧侶を呼んで供養を行います。最近は、家族など内輪で済ませることも多いようです。浄土真宗以外では、無縁仏のための施餓鬼供養とともに行うこともあります。また、地方によっては、百か日をもって、位牌を仏壇に安置するというところもあります。

新盆

 初めて迎える盆。

一周忌法要

 亡くなった翌年の命日が、一周忌となります。一周忌の法要は、葬儀でお世話になった方や親類縁者、友人知人など、比較的広範囲の方々を招きます。僧侶の読経と法話、参会者の焼香、遺族の挨拶などを行い、集まった人々で故人を偲びながら会食をすることが多いようです。

一回忌とその後の法要

 仏教では、一周忌以降、三回忌(亡くなって満2年目)、七回忌(6年目)と、百回忌までありますが、一般の家庭では、故人にまつわる身内が少なくなることもあり、三十三回忌をもって弔いあげとしています。五十回忌・百回忌になると、故人を直接知る人も少なくなり、子孫が祖先への感謝をこめて法要を営むことになります。この場合、家の繁栄を祝い、紅白の祝い餅やごちそうを備えて供養することが多いようです。