初七日法要でのご挨拶

葬儀当日に行う場合のご挨拶

 本日はお忙しいところを 葬儀・告別式に続いき 骨迎えの儀ならびに初七日法要まで 長時間にわたりおつきあいをいただき 誠にありがとうございました
 おかげさまで 初七日法要も無事終えることができ 遺族を代表し あらためてお礼を申し上げます
 ご住職様をはじめ 世話役をお願いした皆様には 大変お世話になりました
 突然のことにうろたえるばかりの私どもで 皆様のお力添えに感謝いたすばかりです
 故人もさぞ感謝している事と思います いたらぬところも多々あるかと思いますが
 今後ともよろしくおつきあいをいただけますよう お願い申し上げます
 ささやかではございますが お食事の席を用意させていただきました
 どうぞ ごゆっくりおくつろぎくださるようお願い申し上げます
 本日は 誠ににありがとうございました

葬儀当日に行わない場合のご挨拶

 本日はお足もとの悪い中 父の初七日の法要にお出でいただき まことにありがとうございました
 また 先日の通夜ならびに葬儀の際には 大変お世話になりましたことを あらためてお礼申し上げます
 葬儀からさして日が経たないうちに またご足労をおかけして恐縮しております
 皆様のあたたかいお心に 故人もさぞ感謝いたしていることと存じます
 まだ日が浅いせいか 父の遺影を前に朝夕に線香を供えているのですが それでも父が逝ってしまったという実感がわいてきません
 たいしたおもてなしもできませんが 心ばかりのお斎(とき)の席を設けさせていただきました
 どうかごゆっくりお過ごしくださ
い  また 心ばかりの品も用意いたしましたので お帰りの際にお持ちください
 本日は ありがとうございました

七七日忌(四十九日)法要での法要

施主の代理のご挨拶

 故人の○○にあたります○○○○と申します
 親族を代表いたしまして ひと言ご挨拶を申し上げます
 本日は お寒い中お運びいただきまして ありがとうございます
 生前親しくしていただいた皆様にお集まりいただき 故人も さぞ喜んでいることと思います
 また 葬儀の際にも大変お世話になりましたこと あらためて厚くお礼申し上げます
 おかげをもちまして 忌明けの法要 納骨の儀をとどこおりなく済ませることができました
 本日お集まりいただいた中に 姪の○○のお友だちがいらっしゃいますが そうした方々のお姿を見ると ○○があのように逝ってしまったことが とても残念でなりません
 ご存じのように ○○家は父親を○年前に亡くしており 母と娘二人の三人家族でございます
 ○○は長女として母親を支え また良き相談相手でもありました
 このたび○○が亡くなり 母親と故人の妹の二人だけになります
 まだ残された家族が 悲しみから立ち直るまでには時間がかかることと思います
 皆様には生前○○がいただいたご厚情同様に 残された家族に対しましても 温かいおつきあいをしていただきますよう
 どうかよろしくお願い申し上げます
 心ばかりのお食事の用意をいたしましたので どうか故人を偲びながら召し上がりください
 本日は まことにありがとうございました