初節句祝い

拝啓 若草の候 おだやかな季節となり、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
 このたびは長男○○の七五三に際し、心の込もったお祝いをいただき、ありがとうございます。いただいたお祝いで、一歳児の脳の発育によいという知育玩具を購入させていただきました。おしゃべりはまだ喃語ですが、おかげ様でこちらの話は少しずつ理解できるようになりました。今後とも娘の成長を見守ってくださるよう、お願い申し上げます。
 なお、内祝いを同封させていただきます。どうかご受納ください。
 末筆ながら、皆様のご健康をお祈リ申し上げます。  敬 具

入園・入学祝い

拝啓 仲春の候 皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
 この四月から、お嬢様の幼稚園ご入園おめでとうございます。以前、初節句のときのお写真を見せていただいたことがあります。月日の経つのは早いものです。ご家族の皆様のお喜びもさぞかしと存じます。
 お嬢様にたくさんお友達ができて、お元気に登校されることをお祈リしています。
 ご入園のお祝いに別便にて心ばかリの品を送らせていただきました。ご笑納いただけたら幸いです。 敬 具

 春霞の漂う季節となリ、皆様にはお元気でお過ごしのことと、お喜び申し上げます。
 このたびは息子○○の小学校入学にあたりまして、素敵な腕時計をお贈りいただき、ありがとうございました。○○の大好きな恐竜のデザインがとても気に入ったようで、出かけるときには毎回欠かさず着け、大人の仲間入りをしたつもりになって喜んでおります。腕時計を着けた得意気な姿をご覧いただきたく思い、写真を同封いたしました。今後とも○○の成長を見守ってくださるよう、お願い申し上げます。
 まずは書中にて御礼申し上げます。

合格

 ○○君、○○高校合格おめでとう。合格の知らせはこの春一番の何よリ嬉しい便りです。
 これまでの猛勉強と努力で受験という大きな試練を乗り越え、見事に栄冠を勝ち取ったのですね。県内でも有数の進学校への入学が決まリ、ご両親もさぞかしお喜びのことと思います。
 これからかけがえのない三年間が始まりますね。希望に満ちた未来へのびのびと羽ばたきいろいろなことで活躍することと思います。
 お祝いのお食事会をご両親と一緒にしたいと考えております。都合のいい日にちを相談してお返事をください。
 まずは取り急ぎお祝いとお誘いまで。

卒業・就職祝い

拝啓 日増しに春めいてまいリました。ご家族の皆様には、お健やかにお過ごしのことと拝察いたします。
 さて、このたびは○○君のご卒業、ご就職おめでとうございます。ご就職先は、かねてから希望されていた○○○○会社と聞き、狭き門の採用試験に見事合格するとは、心よりお祝い申し上げます。ご両親様もほっとひと安心ですね。努力家の○○君ですから、社会人として大いに活躍されることでしょう。
 ご卒業と新しい門出を祝い、ささやかなお祝いの品を同封しました。お気に召すと嬉しいのですが。
 末筆ながら○○君にもよろしくお伝えくださいませ。 敬 具

就職祝い

 ○○さん、この度はご就職おめでとうございます。かねてから希望していたオーケストラの楽団員との事。喜びもひとしおでしょう。知らせを聞いて私も現在、私自身のことのように感動しています。
 高校の吹奏楽部の後輩だった貴方が、音大でコンクールに入賞したときもとても嬉しかったけれど、あのとき以上の喜びでいっぱいです。夢をあきらめずに自分を信じて努力を続け、見事にチャンスを掴み取ったのですね。度胸の据わった○○さんのことだから、プロのステージでも素敵な演奏を聴かせてくれることでしょう。
 昔の仲間もみんな喜んでいて、祝賀会を聞こうと盛り上がっています。ぜひオーディションの裏話を聞かせてくださいね。